fc2ブログ

古代ギリシア建築の精華 その1  Ancient Greek architecture

 古代ギリシア建築の精華を5回にわたってブログしたいと思います。
 
近代さらに現代に連なる芸術としての古代ギリシア建築は、紀元前7世紀ごろに始まり、紀元前5世紀から紀元前4世紀ごろに興隆の頂点を迎えました。
しかしその壮大な建築遺産は、ローマ帝国、ビザンティン帝国と時代が進むにつれ存在が忘れ去られました。
そして18世紀後期、ヨーロッパでは新古典主義建築が勃興しました。荘厳さや崇高美を必要とする建築の規範として古代ギリシア建築がリバイバルしました。
さらに20世紀、ナチスドイツのモニュメンタルな建築に、また日本でも明治の文明開化に伴ういわゆる西洋建築にデザインモチーフとして採用されたのです。
このようなある意味で現代でも生きている古代ギリシア建築を、5つのテーマでその特徴を明かにしたいと思います。
そして、それぞれのテーマごとに、その特徴が顕著に表されている建築を、たくさんある中から代表的な遺跡5つほど選びました。
それらの遺跡は建築史的重要性というより、本質をより深く理解できるだろう遺跡を選びました、よって遺跡の優劣はありません。
 
ところでこのブログでいうところの古代ギリシア建築とは何なのでしょうか。
まずは時間的・歴史的なとらえかたです。
ギリシア建築は、B.C2000ごろのクレタ文明、B.C.1500年ごろのミケーネ文明が始まりとされています。
そして暗黒時代、幾何学時代を経て、B.C.700年ごろからB.C.400年ごろまでのアルカイック、B.C.480年ごろからB.C.320年ごろまでの クラシック 、B.C.320年ごろからB.C.30年ごろまでの ヘレニズムと続きます。
その後は、ローマ帝国、ビザンティン帝国、オスマン帝国それぞれの支配が、1830年の独立まで続きます。
近代、現代に連なる〈 建築の規範としての古代ギリシア建築 〉 の観点からみてみましょう。
クレタ文明、ミケーネ文明の建築は、素晴らしいものがありますが、ここでいう古代ギリシア建築と関連性が少ないので割愛します。
暗黒時代、幾何学時代はそもそも建築の遺跡はほとんどありません。
ローマ帝国の支配下でも古代ギリシア建築は造られましたが、より装飾に重きを置いた建築ですので、例外を除いて割愛します。
以降は古代ギリシア建築とは別物です。
よって創成期のアルカイック、黄金期のクラシック、円熟期のヘレニズムの時代に造られた建築を、このブログで扱う古代ギリシア建築としました。
 
クレタ文明 クノッソス宮殿 Palace of Knossos
Ba11_190602ba-Crete_クレタ島
 
ミケーネ文明 Ancient Mycenae
Ba12_190607cg-Mysenae_ミケーネ
 
次に空間的・地域的なとらえかたです
古代ギリシア建築は、トルコ、イタリアなどギリシア本土(ギリシア共和国)以外でも数多く遺されています。
このブログでは、ギリシア本土にある遺跡のみで古代ギリシア建築の本質に迫られると思いますので、他の地域にある遺跡は別の機会に紹介したいと思います。
 
 
古代ギリシア建築の精華シリーズ初回は神殿です。
神に捧げられた建築は、聖なる空間としてどこの国でも、どの時代でも、第一級の建築です。
古代ギリシアにおいても、神殿は古代ギリシア建築の特徴を最も顕著に表しています。
 
神殿が鎮座する聖域は、〈 高い丘の都市 〉を意味するアクロポリスと呼ばれました。
神殿の平面を観てみましょう。
最もティピカルな平面形は、神が鎮座するナオス(内陣)とプロナオス(前室)を長方形の壁で4周を囲み、その外側に列柱をまわすプリプテラル(周柱式)でしょう。
ただし遺跡数は少ないですが、内陣が円形のトロス(円形神殿)もあります。
次に立面を観てみましょう。
平面の短手が正面です、そこに切妻の屋根が架かっています。
正面には、ペディメント(3角形の破風)があります。それをカラム(独立円柱)とエンタブラチュア(水平梁)で支えています。
そして神殿全体がオーダーという美の規範により整えられています。
 
 
《 デルフィ  Ancient Delphi 》
ギリシア中部に位置し、紀元前6世紀ごろ最盛期を迎えたデルフィは、古代ギリシア世界で最も重要な聖域でした。
神殿では、巫女を通じて神託(神のおつげ)が個人から国家にまで下されました。
 
アポロン神殿 Temple of  Apollon
パルナックス連山を背景にしたアポロン神殿は、宗教的重要度、最高の神殿です。
Ba31_190611g-Delphi_デルフィ

Ba32_190611g-Delphi_デルフィ

アテナ・プロナイアの神殿    Temple of Athena Puronia
数多くの神殿を観ましたが、柱などの形が残っているトロス型の神殿はここだけでした。
Ba33_190611a-Delphi_デルフィ
 
 
《 アクロポリス Acropolis Athens 》
アテネのアクロポリスに遺された神殿群は、建築的完成度からみれば、古代ギリシア建築の代表作と言えるでしょう。
 
アテナ・ニケ神殿 Temple of Athena Nike
アクロポリスに至る、ブーレのゲートをくぐると、アテナ・ニケ神殿(写真右側)が最初に観えてきます。
Ba41_190620aaf-Athens_アテネ
 
パルテノン Parthenon
紀元前5世紀に創建されたパルテノンは、完成度からして古代ギリシア建築の最高傑作と言われています。
Ba42-_90620ag-Athens_アテネ

Ba43_190620ag-Athens_アテネ

エレクティオン Erechtheion
6人の女性像を柱に用いた、カリアティデスの柱廊に注目です。
Ba44_190620af-Athens_アテネ
 
 
《 バッセ Bassae 》
アポロ・エピクリオス神殿 〈 Temple of Apollo Epicurius 〉 はアテネのパルテノンを創った建築家イクティノスの作品です。現在修復中ですが世界遺産に登録されています。
Ba51_190608da-Bassae_バッセ
 
 
《 エギナ島 Aegina 》
アテネから日帰りで行けるエギナ島には、アルカイックを代表するアフェア神殿〈Temple of Aphaia 〉がが遺されています。2層の内陣に注目です。
Ba61_190622b-Aegina_エギナ島
 
Ba62_190622b-Aegina_エギナ島

《 スニオン岬 Cape Sounion 》
アテネから南東に70Km離れたスニオン岬の先端に、ポセイドン神殿 〈 Temple of Poseidon 〉が孤高を保っています。
Ba71_190623b-Cape-Sounion_スニオン岬

Ba72_190623b-Cape-Sounion_スニオン岬





Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

古代ギリシア建築の精華 その2  Ancient Greek architecture

 古代ギリシア建築の精華を5回にわたってブログしたいと思います。 
2回目は広場、住居など日常生活に関わる建築です。

古代ギリシアは、ポリス(都市国家)で成り立っていました。
アテネ、スパルタ、オリンピアなどがよく知られています、総数では150を超えていました。
人口規模は、アテネを例外として数千ないし数万程度でした。
小さくともポリスは1個の主権国家であり、政治的に統合されることはありませんでした。
市民は、完全ではありませんが自由と自治を理想とし、市民の間における平等の原理を基本としていました。
ポリスを建築的にみれば、神殿や軍事施設などがあったアクロポリス、市民生活の中心であり公共施設としてのアゴラ(広場)、テアトロン(劇場)、スタディオン(競技場)そして住宅などで構成されていました。
アゴラの中心には、オープンな広場とそれを囲む店舗や集会所などが入ったストアと呼ばれる
列柱廊型の建築がありました。
アゴラを中心とした遺跡を観てみましょう。
 
 
《 アテネ Athens 》
アゴラといえば、まずはアテネのアゴラでしょう、ストアが復元されています。
はるか彼方にアクロポリスが見えます。
Bb11_190620bd-Athens_アテネ
 
 Bb12_190620bd-Athens_アテネ

《 ロドス島 Rhodes 》
住宅地に隣接したアゴラです。
小規模のポリスなのでしょう、こじんまりまとまっていて全容を容易に理解できます。
Bb21_190601cb-Rhodes_ロドス島
 
 Bb22_190601ca-Rhodes_ロドス島

《 コリントス Korinthos 》
アゴラに至るレカイオン通りと、その通りに面してあるエウリクレスの大浴場です。
Bb31_190606bf-Korinthos_コリントス
 
Bb32_190606bg-Korinthos_コリントス
 
《 サモス島 Samos 》
柱が一本だけ残っている遺跡はヘラ神殿です、その周りにアゴラが展開します。
Bb41_190618ab-Samos_サモス島
 
Bb42_190618aa-Samos_サモス島
 
《 テッサロニキ Thessaloniki 》
ギリシア北部に位置するテッサロニキは、アテネに次ぐ大都市です。
ビザンティン美術の宝庫です、ローマ時代のアゴラなどの遺跡も遺されています。
市街地の中心にあるビル群と遺跡、その対比と混在が興味深いです。
 
Roman Agora
Bb51_190615g-Thessaloniki_テッサロニキ
 
Palace of Galerius
Bb52_190615s-Thessaloniki_テッサロニキ





Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

古代ギリシア建築の精華 その3  Ancient Greek architecture

 古代ギリシア建築の精華を5回にわたってブログしたいと思います。
3回目はお楽しみの空間です。

古代ギリシア人の生活の中で、劇を観る、競技を観るなど、日常の生活から離れ華やかなお楽しみについての施設です。
 
まずはテアトロン(劇場)です。
古代ギリシアの劇場の構成をみてみましょう。
半円形の演劇を行う場所をオルケストラ、背後にある壁をスケーネ、それらと相対する階段状の観客席をテアトロンと称します。
そして劇場全体もテアトロンと称します。
演者の声が最後列の観客席まで含めた劇場全体に響くように、音響設計がなされています。
 
《 エピダウロス Epidavros 》
ギリシアに遺るテアトロンの中で、最も保存状態がよくほぼ原形をとどめています。
Bc11_190607ba-Epidavros_エピダヴロス
 
Bc12_190607ba-Epidavros_エピダヴロス


《 アテネ Atens 》
イロド・アティコス音楽堂(Odeon of Herodes Atticus)です。アクロポリスに隣接しています。
Bc21_190620ai-Athens_アテネ
 
《 スパルタ Sparta 》
歴史に名をきざむスパルタですが、めぼしい遺跡はほとんど遺っていません。
テアトロンがかろうじてその姿を伝えています。
Bc31_190608ba--Sparta_スパルタ
 
 
つぎはスタディオン(競技場)です。
1スタディナ(stadia)およそ180mの直線コースを馬蹄形の観客席で囲んでいます。
スタートラインとゴールラインは、地面に石が埋め込まれています。
 
《 オリンピア Olympia 》
古代オリンピックが開催されたスタディオンです。
アスリートたちの熱戦が繰り広げられました。
Bc41_190609f-Olympia_オリンピア

Bc42_190609f-Olympia_オリンピア

《 ロドス島 Rhodes 》
スミス山(Mt.Smith)にあります。保存状態が素晴らしい、いますぐ競技が開催できそうです。
Bc51_190601dd-Rhodes_ロドス島
 
Bc52_190601dd-Rhodes_ロドス島

そもそも論です。
演劇ならばシナリオがあり、それを演じる役者がいて、演出家がいて初めて鑑賞にたえる芸術となります。
同様に競技でも、種目があり、ルールがあり、アスリートがいて審判員がいて初めて競技として成立します。
それらの機能を満足させる公共施設が必要になり建設されました。
そしてその施設を使うことにより、演劇や競技がさらに発展していきます。
両者は車の両輪のような関係なのでしょう。
古代ギリシアの時代は、日本でいえば縄文時代から弥生時代初期です。
その時代に、と思うとスタジオヤマはただただ驚くばかりです。





Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

古代ギリシア建築の精華 その4  Ancient Greek architecture

古代ギリシア建築の精華を5回にわたってブログしたいと思います。
4回目はオーダー(order)です。
 
オーダーとは、古代ギリシア建築における柱頭に代表されるデザイン様式の名称であり、同時に柱の径を基準とした建物全体にわたるプロポーションの体系を表しています。
オーダーは、古代ギリシア建築における美の規範です。
よってこの理解無くしてギリシア建築の本質を理解できないと言っても過言ではありません。
 
古代ギリシア神殿を仔細に観ると、柱の直径を1単位(モドゥルス)とする、柱の高さ、柱間、そして神殿の高さ、幅、長さの間に、秩序だった比例関係を認められます。
例えば、柱底の直径×√5=柱軸の距離、柱軸の距離×√5=柱身の高さ、柱身の高さ×√5=主室の間口幅などなどです。
√5は、1:2の長方形の対角線の長さです、よって容易に幾何学的係数として図形化できます。
柱頭のデザインを決めているのもオーダーですが、建築意匠計画の全体をもコントロールしています、これがオーダー本来の役目です、
 
またオーダーは、建築の歴史のなかで何回もリバイバルしています、これからも記念碑的な建築を創るとき用いられるかもしれません。
ブログでは柱頭のデザインに注目し、成立した時代の順番に従い、代表的な3種類を取り上げその特徴を観てみましょう。 

考古学博物館 Archaeological Museum コリントス Korinthos
Bd11_190606be-Korinthos_コリントス


《  ドーリック・オーダー Doric order ドリス式 》
ドーリック・オーダーの特徴を一言でいうと〈 簡潔 〉です。
柱は直接基壇の上に立っています。柱身は上部に向かうにしたがって細くなっていきます(エンタシス)。柱頭は、浅い鉢型のエキノスと正方形の板状のアバクスから構成されています。
 
ヘファイストス神殿 Temple of Hephaestus   アテネ Athens
現存する神殿の遺跡の中で最も保存状態が良好です。
一時キリスト教の教会として使用されていました。
Bd21_190620bc-Athens_アテネ

日本水準原点標庫 東京都千代田区永田町 設計:佐立七次郎 竣工:1891年(明治24年)
規模が小さいですが、ドーリック・オーダーを忠実に再現し、気品あるデザインにまとめています。エンタブラチュア(水平梁)に彫られた漢字と菊の御紋、違和感がありません。
Bd22_211129a-日本水準原点_千代田区永田町1_022


《 イオニック・オーダー Ionic order イオニア式 》
イオニック・オーダーの特徴を一言でいうと〈 優雅 〉です。
特徴として、柱頭に二つの渦巻を組み合わせた装飾があります。
 
ディロス島 Dilos
住宅の中庭の列柱でしょう、当時はどんな雰囲気だったのでしょうか。
Bd31_190605r-Dilos_ディロス島
 
M2  東京都世田谷区砧 設計:隈研吾 竣工:1991年(平成3年)
現代建築に生き返ったオーダーの生命力に拍手です。
ちなみにこのビルの業態はマツダの店舗でした、今は葬儀屋さんです。
Bd32_211129d-M2_隈研吾_世田谷区砧2_037


《 コリンシャン・オーダー Corinthian order コリント式 》
コリンシャン・オーダーの特徴を一言でいうと〈 華麗 〉です。
ヘレニズムからローマ帝国時代にかけて発展しました。
柱頭にアカンサスの葉の装飾が施されています。
 
ゼウス神殿 Temple of the Olympian Zeus アテネ Athens
ローマ帝国時代に創られた巨大な神殿です。
Bd41_190620cc-Athens_アテネ
 
東京駅  東京都千代田区丸の内 駅舎設計:辰野金吾 竣工:1914年(大正3年)
東京駅6番線ホームに一対だけ遺された鋳鉄製の屋根を支える柱です。
スタジオヤマは、ホーム全体の屋根がこの柱を使用していた現役時代を見ています。
Bd42_211105-東京駅6番線ホーム@千代田区丸の内1_013





Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

古代ギリシア建築の精華 その5  Ancient Greek architecture

 古代ギリシア建築の精華を5回にわたってブログしたいと思います。
最終回は都市です。
 
古代ギリシアのポリス(都市国家)に存在した様々な用途、機能をもつ建築を、個々の建築を集合した都市景観として全体を俯瞰してみましょう。
そこには自然発生的に拡大していく都市ではなく、都市の軸、ビスタ(視線)などに配慮し、景観をどのように形成するのかという都市計画の存在を確認できます。
都市遺跡の中を実際に歩いてみましょう。
道路によって格子状に区画された街区に、アクロポリス(神殿など)、アゴラ(広場)、テアトロン(劇場)、スタディオン(競技場)などの重要施設が適所にランドマークとして置かれ、さらにそれらをとり囲むように住宅が配置されていることを経験できるでしょう。
 
 
《 ディロス島 Dilos 》
無人島です、島全体が世界遺産に登録されています。
古代ギリシアの都市景観を堪能するにはベストの場所の一つでしょう。
Be11_190605b-Dilos_ディロス島

Be12_190605q-Dilos_ディロス島


《 メッセネ Messene 》
熊本大学も発掘調査に参加しています。保存状態が良い大遺跡ですが、なぜか地球の歩き方やlonely planetなどのガイドブックに紹介されていません。
Be21_190608cf-Messene_メッセネ

Be22_190608ch-Messene_メッセネ


《 オリンピア Olympia 》
オリンピック発祥の地として、アスリートのためのレオニデオン(宿泊所)も遺っています。
Be31_190609k-Olympia_オリンピア

Be32_190609p-Olympia_オリンピア


《 フィリピ Philippi 》
ほどよくまとまっているスケール感が魅力です。
アゴラに隣接して住居群があり、テアトロンなどは少し離れた山腹にあります。
Be41_190616bb-Philippi_フィリピ

Be42_190616bb-Philippi_フィリピ


《 アテネ Athens 》
古代ギリシア最大のポリスであったアテネは、例外的に最初期の古い街区がそのまま残り、ポリス全体としての都市計画が観られません。
どこからでも見ることのできる 〈 アクロポリスの丘 〉 は当時どのように見えたのでしょか。
Be51_190620aae-Athens_アテネ

Be52_190620cf-Athens_アテネ





Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス 50
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR