FC2ブログ

ヨルダン ペトラに観る古代都市遺跡 その2   Petra JORDAN

ヨルダンの古代都市遺跡を巡り歩いてきました。
前回のブログでは、ペトラの導入部と中心部であるコロネイド・ストリートをブログしました。
今回はペトラの中心部から少し離れた都市遺跡をブログします。とはいってもペトラには、広大な地域に数多くの遺跡が存在しています、したがってここで取り上げている遺跡はその中のほんの一部です。

コロネイド・ストリートから厳しい山道を登っていくと、エド・ディル(修道院)に行き着きます。
高さ40mを超える大きな岩を彫り込んでつくられています。
エド・ディルのように彫刻のごとく刻んでつくる建築と、重力に抗って下から組み上げていく一般的な建築、建設に際してどちらか大変なのでしょうか、研究者によると刻んでつくる建築の方が容易に建設できるそうです。
151018-01
151018-02 
ローマ兵の墓は、都市の中心部から一山超えて、ワディ・ファラサと呼ばれる山と山の間にある枯川の谷底にあります。外壁にローマ兵のレリーフがあるためこう呼ばれています。
ローマ兵の墓の近くにある、庭の墓も興味深いです。墓室側から見ると、ワディ・ファラサが柱によって切り取られ、絵画的額縁効果がみごとに決まっています。
151018-03
151018-04 

ナバテア人の採石場と呼ばれているところです。遺跡というより環境の厳しさを実感できる場所です。迫りくる山肌、乾燥しきった沙漠の山岳風景が眼の前に拡がっています。151018-05

王家の墓は、コロネイド・ストリートを少し見下ろす断崖の岩に彫られた墳墓群です。宮殿の墓、コリンシアンの墓、アーンの墓、ウナイシュの墓などなどが連なっています。
西日に照らされたが夕方に訪ねるのがお勧めです、ネコもきていました。
151018-06
151018-07
151018-08 

Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

ヨルダン ペトラに観る古代都市遺跡 その1   Petra JORDAN

ヨルダンの古代都市遺跡を巡り歩いてきました。

ヨルダンに在るからといって、ヨルダン様式の都市遺跡とは限りません。現存する大部分の建造物は、建設された時代を統治していた国の特徴を色濃く反映しています。

豊かな都市生活を送るためには充実した都市施設が必要不可欠です。

古代都市でも現代都市でも普遍の原理です。
都市施設とは、都市活動や良好な都市環境を維持するための施設です。
例えば、歩行者用通路を含む道路。広場、緑地、墓苑などの公共空地。上・下水道。治水施設。マーケット。学校、図書館などの教育文化施設 。病院などの医療福祉施設などなどです。
さらに付け加えるならば、神殿などの宗教施設と悪所でしょうか。
都市施設のみごたえという観点からヨルダンの古代都市遺跡を観ると、アンマン(Amman)の都市遺跡は、現在の市街地に呑み込まれています、よって全体像がみえてきません。ジェラシュ(Jerash)は、都市施設が織りなす空間構成は素晴らしいのですが、保存方法に難があります。ウム・アル=ラサス(Um er-Rasas)は、世界遺産に登録されている都市遺跡です、しかし観るに値する都市施設がほとんど保存されていないのが残念です。
この意味でペトラ(Petra)はパーフェクトでかつエクセレントです。
都市遺跡が位置するロケーションの素晴らしさ、保存状態が比較的良い都市施設群の充実度。なかを散策していると当時の暮らしぶりが目に浮かび、同じ時代に居るような気持になります。


ペトラは、紀元前よりアラビア系遊牧民のナバテア王国の首都として、また通商の中継地とし繁栄していました。2世紀にはローマ帝国に征服されました、その後もおおいに繁栄しましたが、8世紀この地方をおそった大地震により都市は放棄され廃墟となったと言われています。
現存するローマンスタイルの都市遺跡はほとんどこの時代のものです。
ペトラを2回に分けてブログします。最初は、導入部と中心部の都市遺跡をブログします。


ペトラの都市遺跡へのアプローチは、劇的で意外性がありおおいに楽しませてくれます。
シークと呼ばれる岩の裂け目にできた峡谷の底を歩くような通路を20分ほど進むと、エル・カズネ(宝物殿、実際の用途は墳墓)が突然目の前に現れます。
まずは衝撃的な洗礼を持って迎え入れられたのです。

151004-01
151004-02 

都市の中心に向って少し歩くと、ローマ帝国時代の都市遺跡には、必ずある円形劇場が見えてきます。敷地の斜面をうまく利用していますが、そそり立つ岩は迫力あり過ぎです。
151004-03 

コロネイド・ストリートは、ペトラの中心部にあるメインストリートです。
凱旋門をくぐり、円柱が並ぶ通りに出ると、神殿、宮殿、教会、マーケット、公衆浴場などなどが軒を連ねています。石畳みや階段、列柱などが創る豊かな外部空間の中に居ると、当時の繁華な雰囲気が容易に想像でき、人々のざわめきまで聞こえてくるようです。

151004-04
151004-05
151004-06
151004-07 

ナバテア人の神殿であったカスール・アル・ビントは、凱旋門の近くに位置しています。
何度かの地震により内部は、ほぼ崩壊しています。ローマ建築ではあまりみない、上部の迫り出しを特徴とする外壁がかろうじて形を保っています。

151004-08 

Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

ヨルダン ジェラシュに観る古代都市遺跡   Jerash JORDAN

ヨルダンの古代都市遺跡を巡り歩いてきました。
ヨルダンに在るからといって、ヨルダン様式の都市遺跡とは限りません。現存する大部分の建造物は、建設された時代を統治していた国の特徴を色濃く反映しています。

ヨルダンのジェラシュ( Jerash )は、かつてはゲラサ( Gerasa )と呼ばれていました。
紀元前1世紀にローマ帝国の統治下に置かれてから、治安や平和が保たれ、経済活動が盛んになり、都市施設が整備され商業都市として繁栄を誇りました。そして8世紀にこの地方をおそった大地震によりゲラサは放棄されその歴史は終焉したと言われています。
神殿、劇場、競技場、公共浴場、道路、市壁など多くの都市施設が遺されました。これらの建造物は、ローマ帝国統治時代に裕福な市民の寄付により建設されたそうです。

ジェラシュの市街全域を見渡せる丘の上には、この都市の守護神であるゼウス神殿が威容を誇っています、市民の目線で見れば市街のどこからでも仰ぎ見ることができます。150920-01
150920-02 
楕円形のフォルム(公共広場)から、カルドと呼ばれる街を貫くメイン通りが北に向ってまっすぐに延びています。カルドの両側には等間隔で円柱が並んでいます。
石畳みの通りに面して建物が軒を連ね、人々が行き交い繁華な通りだったのでしょう。
なかでも半神半人の妖精ニンフに捧げられたニンファエウムは、その物語性のあるファサードをもって人々を魅了してきたに違いありません。
150920-03
150920-04
150920-05 
カルドから坂道をあがっていくと、ひときわ目を引くアルテミス神殿がみえてきます。
コリンシャン・オーダーの柱頭を飾るアカンサスの葉がとても華やかです。
150920-06



Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

ヨルダン アンマンに観る古代都市遺跡   Amman JORDAN

ヨルダンの古代都市遺跡を巡り歩いてきました。
ヨルダンに在るからといって、ヨルダン様式の都市遺跡とは限りません。現存する大部分の建造物は、建設された時代を統治していた国の特徴を色濃く反映しています。
この地域の都市遺跡を包括的に理解するためには、シリアなど西アジアの国々を訪れる必要がありますが、いまの状況では自殺行為に等しいと思いますので次回に譲りましょう。

ヨルダンの首都アンマンにあるアンマン城は、旧市街を一望できる丘の上に築城されました。
城内にはたくさんの建築があります、ビザンチン時代の教会、ウマイヤ朝時代の宮殿跡など様々な時代の遺構が混在しています。
いうなればこの丘はいつの時代でも地政学上重要な場所だったのでしょう。
スタジオヤマは、数多くある建築の中で、ローマ帝国が統治していた時代に建てられた、ヘラクレス神殿に注目しました。
150906-01 

ローマ劇場は、アンマン城がある丘を望む市街地に、市民が日常的に利用するフォルムなど一群の都市施設として建設されました。
この位置関係は、神が住まう領域と人間が生活する空間の対比がきっちりと出ています。
またローマ劇場は、2世紀、ローマ帝国に統治されていた時代に創られ、円形劇場としてヨルダンでも最大規模のものです。
客席は、敷地の斜面をうまく利用して造られています。舞台を北西に向けているため、陽が沈むまで演劇を楽しむことができました、現在でもイベントやコンサートなどに利用されています。

150906-02 



Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

ミマール・スィナンとセリミエ・ジャーミィ   Edirne TURKEY

カイセリからエディルネまでほぼ20年ぶりにトルコ横断の旅をしました。
スタジオヤマは、悠久の風景・建築・人情味など魅力満載のトルコを理解するため、いくつかの切り口を用意しました。
一つに 《オスマン帝国の建築》 という切り口で、前回の続きです。

ミマール・スィナン(Mimar Sinan 1489年-1588年)の作品群の中で、エディルネのセリミエ・ジャーミィ(Selimiye Camii)は、スレイマニエ・ジャーミィと並び称される代表作でしょう。どちらか一つ選びなさいと言われれば、スタジオヤマはセリミエ・ジャーミィに手を挙げます。
ミマール・スィナンは生涯において多くの建築を設計しましたがが、最晩年の作品となるのがセリミエ・ジャーミィです。
参拝者は、回廊に囲まれた前庭の泉において体を清めそして内部に入ります。
ほぼ点対称の平面は、8本の円柱とそれらに渡されたアーチによって支えられた、直径31m高さ47mの巨大なドームに覆われています。ふんだんに穿たれた窓から光が降り注ぎます。
ここにビザンティン建築の最高峰アヤソフィア大聖堂を超えた大空間が出現したのです。
正面のミフラーブ(メッカの方向を示すニッチ)やミンバル(説教壇)を前に身を置いていると、何の前知識が無くても「オスマン帝国のイスラーム建築とはこういうものか」ということが体験できます、ぜひトライしてみてください。
141026-01 
141026-02
141026-03
141026-04 
141026-05 
141026-06
Selimiye Camii


Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス 50
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR