FC2ブログ

To mourn 弔うということ その1

 生きているものはいつか死にます。
そして人間だけが死者を弔います。
弔うということを5回シリーズでブログしたいと思います。
 
このシリーズは社会学的なアプローチをするものではありません。
生活景として眼に入るものに注目しています。
具体的には、個人のメルクマールとしての墓標、その集合体としての墓地です。
よって、高さで世界最大とされるエジプトのピラミッドや、面積で世界最大とされる大阪府堺市にある仁徳天皇陵のようなモニュメンタルな墓標・墓所は割愛しました。
 
ところで墓標、墓所、墓地とは何なのでしょうか。
日本でいえば、先祖代々などと刻まれた狭義のお墓、墓標です。さらに戒名など刻まれた墓誌などの施設を含む一つの区画、広義のお墓、墓所です。墓所と関連する施設が集合しまとまりをもった施設群、墓地です、墓場(はかば)とも言います。
 
スタジオヤマが墓標や墓地に興味を持ったきっかけは、ネクロポリスを観た時の感慨からです。
ネクロポリスとは、死者の都市です。生きている人のための都市・アクロポリスの対概念です。
古典ギリシア時代の人々の死生観が、この両方の都市に現れています。
よって両方の世界を理解しないとギリシア文明を理解したことにならないのではないか。
さらに宗教、民族、地域などの違いを超えた、人類に共通した事項ではないか、という思いに至りました。
 
墓地はきわめてプライベートな空間です、観光地ではありません。このブログで紹介する墓地は
一般に公開されている、およびそれに準ずるものです。それでも弔われている人に尊厳の意をもって臨めない方の立ち入りは、遠慮すべき領域だと思います。よって墓地の名称、場所を特定できるような詳細な地名などは、あえて記載しませんでした。

Necropolis
Pamukkale TURKEY  トルコ
Aa01.jpg


《 弔うということ ラテン世界 》
古代地中海世界のラテンから派生した、各地のラテン世界の墓地を観てみましょう。

Chichikas Tenango  GUATEMARA    グアテマラ
ラテンアメリカ、中米グアテマラのキリスト教に改宗したインディオの墓地です。
かれらが着ている衣装もこのようにカラフルです。
Aa02.jpg

Navalas PHILIPPNES  フィリピン
アジアのラテン、フィリピンにある墓地です。
両国は地理的には遠く離れています。しかしカソリック信者であること、スペインのコロニーだったという根底に共通したものあるがゆえに、両者の墓地には似かよった雰囲気があります。
Aa03.jpg

Guatemala city GUATEMALA  
グアテマラ
グアテマラにある集合墓地です。
Aa04.jpg

Sebu PHILIPPNES  フィリピン
フィリピンにある集合墓地です。一見どちらの国の墓地かみわけが付きません。
Aa05.jpg


 《 墓標いろいろ 履歴付き墓標 》
埋葬されている個人を容易に特定できるもの、が付加された墓標です。
 
Potelych UKRAINE ウクライナ
墓標に顔が刻みこまれています。これならだれのお墓なのか一目瞭然ですね。
Aa06.jpg

Sapanta ROMANIA  ルーマニア
さらに進化して、故人がなんの職業についていたのか、何が得意だったのかを、レリーフと文章で記録されています。一番左側の人は炭鉱夫のようです。
これらは一人の職人、亡きあとは彼の弟子たちによって作られています。
Aa07.jpg


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

To mourn 弔うということ その2

 生きているものはいつか死にます。
そして人間だけが死者を弔います。
弔うということを5回シリーズでブログします、その第2回目です。
 
 
《 弔うということ ユダヤ教とイスラーム 》 
ユダヤ教、キリスト教そしてイスラーム、すべて一神教です。
根っこの部分は共通なのです。さて墓地はどうでしょうか。

 Jerusalem ISRAEL  イスラエル
3つの宗教のうち、歴史的に最も伝統のあるユダヤ教の墓地です。
Ab01.jpg

Tetouan MOROCCO モロッコ
そして最後の預言者ムハンマドが創始したイスラームの墓地です。
Ab02.jpg


 《 墓標いろいろ 思いを形に刻む 》
故人を思い起こす彫刻を墓標に取り込むことは、キリスト教徒の墓標でよく見られます。
 
Camaguey CUBA キューバ
ここまですると、オープン・エアー・ミュージアムですね。
Ab03.jpg

Athens GREECE 
ギリシア
18歳で亡くなった少女の墓標です。
彫刻家ヤヌーリス・ハレパスによる写実的なモニュメントは、最愛の娘への思いを永遠に遺したい遺族の願いを刻みこんだものなのでしょう。
Ab04.jpg



Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

To mourn 弔うということ その3

 生きているものはいつか死にます。
そして人間だけが死者を弔います。
弔うということを5回シリーズでブログします、その第3回目です。
 
 
《 弔うということ アジアの多様性 》
多民族国家であるマレーシア(MALAYSIA)は信教の自由が認められています。
イスラームが国教でありマレー系の人たちに広く信仰されています(61%、外務省資料による)、ただし中国系は仏教(20%)、イギリス植民地時代の影響でキリスト教徒もいます(9%)、またインド系はヒンドゥー教を信仰しています(6%)。
そして祝日もイスラームの祝日だけでなく、ヒンドゥー教の祝日、中国の旧正月、クリスマスまで祝日です。ようするにお互いの宗教を尊重し合い共存しているのです。
アジアにおける宗教の多様性、その典型を首都クアラルンプール(Kuala Lumpur)で見ることにしましょう。
 
ムスリムの墓地
Ac01.jpg

仏教徒の墓地
Ac02.jpg

キリスト教徒の墓地
Ac03.jpg


《 墓標いろいろ  墓標も墓地もありません 》
ヒンドゥー教では、遺体を荼毘にふしその遺骨や遺灰は川や海に流します。これで死者に対するセレモニーは全てお終いです、以後なにもしません。サン=テグジェペリの「星の王子さま」ではありませんが、見えないものにこそ本質があるのかもしれません。

Varanasi INDIA インド
Ac04.jpg
Ac05.jpg



Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

To mourn 弔うということ その4

 生きているものはいつか死にます。
そして人間だけが死者を弔います。
弔うということを5回シリーズでブログします、その第4回目です。
 
 
《 弔うということ 軍人さん 》 
軍人さんの墓地はどの国でも特別仕様です、一目でそれとわかります。
同じ形の墓標が規律正しく並び、まるで軍服を着た軍人が行進しているかのようです。
 
Virginia USA アメリカ
第一次世界大戦からベトナム戦争、そしてその後の世界各地で勃発した紛争などによるアメリカ軍戦没者が埋葬されています。
Ad01.jpg
Thessaloniki GREECE ギリシア
第一次世界大戦、サロニカ戦線での戦闘で亡くなったギリシア兵が埋葬されています。
Ad02.jpg
Kanchanaburi THAILAND タイ
第2次世界大戦末期、日本はタイとミャンマーを結ぶ泰緬(たいめん)鉄道を建設しました。作業員として連合軍の捕虜が動員され、過酷な労働で少なくとも数万人が亡くなりました。
そのかれらが祀られています。
合掌。
Ad03.jpg


《 墓標いろいろ What am I? 》
私の人生は何だったのか
当事者は大真面目。不謹慎かもしれませんが、クスッと笑えるユーモアがある墓標です。 
 
Saint Petersburg RUSSIA ロシア
この方は、送電線に関わるお仕事をなさっていたのでしょう、生涯わが仕事に悔いなし、エンジニアの墓標です。
Ad04.jpg

Malacca MALAYSIA マレーシア
華僑の墓標です、望郷の念やまずふるさとの実家を模したのでしょう。
Ad05.jpg



Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

To mourn 弔うということ その5

 生きているものはいつか死にます。
そして人間だけが死者を弔います。
弔うということを5回シリーズでブログします、最終回です。
 
《 弔うということ そして日本 》 
永遠に眠ることについて考える、それは起きているときです。

東京都町田市   JAPAN
Ae01.jpg

東京都あきる野市  JAPAN
Ae02.jpg

東京都港区  JAPAN
Ae03.jpg

新潟県阿賀町  JAPAN
Ae04.jpg
福島県西会津町  JAPAN
Ae05.jpg


《 墓標いろいろ 犬も猫も 》  
ペットのための墓地にある集合墓標です。「飼っている」のではなく「一緒に暮らしている」という感覚からすれば、あっても不思議ではありません。
それにしてもなぜ犬と猫なのでしょうか、そもそも日本特有のものなのでしょうか。
ちなみにスタジオヤマの知見では海外で見たことはありません。

東京都町田市  JAPAN
Ae06.jpg





Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス 50
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR