ペンタゴン  Bagan MYANMAR

ミャンマー、バガンの寺院・パヤーの基壇部平面形は四角形がほとんどです。
そうでないものもあります、Pierre Pichaard氏<The pentagonal monuments of pagan>によると、バガンにおいて五角形<ペンタゴン/Pentagon>の寺院・パヤーが17箇所ほど確認されているそうです。
ダマヤッズィカ・パヤーがその代表例です。
設計するにせよ、建設にするにせよ、四角形に比較して作業の難易度が格段に上がる五角形にするのはなぜでしょうか。
伊東照司氏<ビルマ仏教遺跡>の見解をベースにその理由をまとめると
ミャンマーの多くの寺院・パヤーは、四角形で各辺には仏が安置されています、仏は釈尊以前にこの世に現れたといわれる仏3体と釈尊・釈迦牟尼仏を加えた過去四仏です、ペンタゴン型の寺院・パヤーはこの過去四仏に加え56億7千万年後に人類救済のために出現されるとされる弥勒仏・未来仏も安置しているため、五角形になっています。
そうすると、過去七仏に対応した八角形、過去二十四仏に対応した二十五角形の寺院・パヤーがあるのかもしれません。
131027_01     
Shwe kun char

131027_02   Dhammayazika Paya

Tag:東アジア/東南アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR