FC2ブログ

ヨルダン ジェラシュに観る古代都市遺跡   Jerash JORDAN

ヨルダンの古代都市遺跡を巡り歩いてきました。
ヨルダンに在るからといって、ヨルダン様式の都市遺跡とは限りません。現存する大部分の建造物は、建設された時代を統治していた国の特徴を色濃く反映しています。

ヨルダンのジェラシュ( Jerash )は、かつてはゲラサ( Gerasa )と呼ばれていました。
紀元前1世紀にローマ帝国の統治下に置かれてから、治安や平和が保たれ、経済活動が盛んになり、都市施設が整備され商業都市として繁栄を誇りました。そして8世紀にこの地方をおそった大地震によりゲラサは放棄されその歴史は終焉したと言われています。
神殿、劇場、競技場、公共浴場、道路、市壁など多くの都市施設が遺されました。これらの建造物は、ローマ帝国統治時代に裕福な市民の寄付により建設されたそうです。

ジェラシュの市街全域を見渡せる丘の上には、この都市の守護神であるゼウス神殿が威容を誇っています、市民の目線で見れば市街のどこからでも仰ぎ見ることができます。150920-01
150920-02 
楕円形のフォルム(公共広場)から、カルドと呼ばれる街を貫くメイン通りが北に向ってまっすぐに延びています。カルドの両側には等間隔で円柱が並んでいます。
石畳みの通りに面して建物が軒を連ね、人々が行き交い繁華な通りだったのでしょう。
なかでも半神半人の妖精ニンフに捧げられたニンファエウムは、その物語性のあるファサードをもって人々を魅了してきたに違いありません。
150920-03
150920-04
150920-05 
カルドから坂道をあがっていくと、ひときわ目を引くアルテミス神殿がみえてきます。
コリンシャン・オーダーの柱頭を飾るアカンサスの葉がとても華やかです。
150920-06



Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR