FC2ブログ

カトマンドゥのダルバール広場  カトマンドゥ盆地の広場考 その2   Kathmandu Valley NEPAR

ダルバール広場(王宮広場)は、街中にあるチョーク (chowk) とよばれる広場と共通する要素が数多く見受けられます。いうなればダルバール広場とは、王宮に付属する広場に多くの宗教施設などが付加され、規模が大きくなり権威付された究極のネパール的広場と言ってもよいでしょう。
カトマンドゥ盆地に三つあるダルバール広場の一つ、カトマンドゥのダルバール広場を観てみましょう。
ダルバール広場(王宮広場)は、ハヌマン・ドカとよばれる王宮を中心に20数棟にもおよぶヒンドゥ教の寺院や各種の建築と、10箇所のチョーク(中庭)とで構成されています。ほとんどの建築は17世紀から18世紀にかけて建てられました、1934年の地震により大きな被害を受けましたがほぼ修復されました。
伝統的なネワール様式の建築が建ちならぶ豊かな景観は、訪れた人々を魅了してやみません、王宮の一部に白く塗られたネオクラシック調でこの広場にそぐわない部分があったとしてもです。
150719-01
150719-02
150719-03

 
カトマンドゥ盆地の伝統的な建築のスタイルは、盆地一帯に多く住んでいるネワール人にちなんでネワール様式とよばれています。その特徴を観てみましょう。
構造的には、木造の柱・梁・小屋組みと壁はレンガによる組積造とによる混構造です。したがって塔のように柱が前面に出てくる建築は一見木造にみえ、住居系の壁が主体の建築は組積造にみえます。このような未熟な混構造とアクロバット的なスケルトンは耐震性を著しく低くしています。
外観は、方杖(ほうづえ)に支えられた瓦葺の直線的な屋根と深い軒が幾重にも重なっています。
壁に穿たれた窓や出入り口などの開口部は、アーチの技術がないため、木造組立式のフレームによる補強をしています。フレームに独特な彫刻を施しそれがネワール様式の特徴の一つになっています。
生き神の住むクマリの館や、2階の窓からシヴァとその妻パルヴァティが町を見下ろしている木彫り像があるシヴァ・パルヴァティ寺院にその典型をみることができます。
150719-04

150719-05


Tag:南アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR