FC2ブログ

中国福建省永定県に福建土楼を訪れる その2  Fujian CHINA

福建土楼(フージィェントゥロウ)を観に中国福建省永定県(ヨンディンシィェン)を訪れました。
前回の続きです。

福建土楼はこれからどうなるのでしょうか。
現状をリポートすれば、往時の一族が同居している本来の姿で、活況ある土楼はみかけませんでした。
状況は、ある程度の住人がいる、さらに過疎化が進んで老人が数家族で暮らしている。住人はいない、廃墟になっている。観光施設として生きながらえている、この三つがみえてきます。
過疎化が進む要因は、一族で一つの家に居住するという習慣が、現在では中国の農村部でも崩れつつあるということでしょう。また住居としての質を考えた場合、他の現代住宅と比較して著しく劣っています、つまり住みずらい住宅となってしまったのです。
現在は、博物館ではなく、お土産さんでもなく、なおかつ人々が暮らしている、生きている土楼をみれる最後の時代なのかもしれません。福建土楼の未来は決して明るくありません。
ところで中国の本屋さんに行くと、福建土楼を含む中国各地の民居を紹介した「古鎮遊」という毎年新版が出るガイドブックが、平積みにして販売されています、地方の古い街並みを訪れるのがブームなのでしょう。スタジオヤマは、このようにみんなが関心を持つことによって、これからの福建土楼の在り様としての、新しい策が生まれることを期待したいと思います。

《 大夫第 》
タイフゥティ/五鳳楼  1835年竣工、軸線上左右対称に主要な建築が連続して配置されています。
150621-01

《 遺経楼 》
イーチンロウ/方楼  奥の白漆喰で化粧された建築は、住居ではなく物置として使用されています。
150621-02

《 永隆昌楼 》
ヨンロンチャンロウ/五鳳楼  延床面積10,000㎡を超える大型土楼です。
150621-03
150621-04 
《 深遠楼 》
シェンヴェンロウ/円楼  2階建ての祠堂などを、4階建ての住居が取り囲んでいます。
150621-05

《 五実楼 》
ウースーロウ/方楼  だれも住んでいません、この姿で何年存在しえるのでしょうか、廃墟の美です。
150621-06
150621-07 
《 振成楼 》
チェンチョンロウ/円楼  1917年竣工、手すり、窓枠などにモダンなデザインを取り入れています。
150621-08
150621-09 

《 奎聚楼 》
クイジュロウ/方楼  敷地は田んぼを見下ろす斜面地です、各建物は階段状に配置されています。
150621-10

《 福裕楼 》
フーヴィロウ/五鳳楼  土楼を建てた三兄弟が住むため、内部は三つに区画されています。
150621-11
150621-12 
《 環興楼 》
ファンシンロウ/円楼  外部の浴室、トイレなど別棟も同心円状に配置されています。
150621-13

《 世澤楼 》
スーチェーロウ/方楼  4階建て、天井には祠堂などの共用建物が配置されています。
160621-14

《 僑福楼 》
チャオフーロウ/円楼  1962年竣工、石造の柱があるポルチコ状の部分は祠堂です。
150621-15

《 順源楼 》
シュンヴェンロウ/方楼  敷地の形状にあわせて五角形の土楼です。
150621-16

《 承啓楼 》
チョンジンロウ/円楼  内外とも状態が非常によい、かつ人が住んでいます、福建屈指の土楼です。
150621-17
150621-18 
150621-19 



Tag:東アジア/東南アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR