FC2ブログ

レヒネル・エデン ブタペストに中央ヨーロッパの世紀末建築を観る Budapest HUNGRY

中央ヨーロッパの代表的な都市ブタペスト(Budapest)、プラハ(Praha/Prague)、ウィーン(Wien/Vienna)の世紀末建築を観てきました。

19世紀末から20世紀初頭の世紀末に活躍した、ハンガリーを代表する建築家レヒネル・エデン(Lechner Ödön 1845年-1914年)の作品をとおして世紀末建築の多様性を観てみましょう。

レヒネル・エデンは、ハンガリーの民族的様式や東方への憧れをモチーフにしたアール・ヌーヴォーふうの建築作品をブダブダトの街に遺しました。
その作品の特徴は、ジョルナイ工房のセラミックを多用した装飾と、有機的な造形とが織りなす独特の建築造形にあります。
当時のジョルナイ工房の製品は、1878年のパリ万博グランプリ受賞などにより、広くヨーロッパ、アメリカまで知られるようになっていました。特に金属のような光沢をもつ「エオシン釉」のセラミックの採用は、レヒネル様式とよばれその後のハンガリー建築に大きな影響を与えました。

141109-01 
141109-02 

Postatakarekpenztar  Budapest

141109-03

141109-04 141109-05 

Foldtani Intezet  Budapest


141109-06 141109-07 141109-08   
Iparmuveszeti Muzeum  Budapest

Tag:ヨーロッパ/アフリカ  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR