FC2ブログ

カッパドキアに住む  Cappadocia TURKEY

カイセリからエディルネまでほぼ20年ぶりにトルコ横断の旅をしました。
スタジオヤマは、悠久の風景・建築・人情味など魅力満載のトルコを楽しむため、いくつかの切り口を用意しました。
一つに 《ヴァナキュラー建築》 という切り口です。

ヴァナキュラー建築とは、民衆が伝統的な材料を用い、伝統的な構法で建てた建築、いわゆる土着的あるいは風土的建築と定義されますが、バーナード・ルドフスキーの「建築家なしの建築」 Architecture without Architect という概念の方がヴィヴィッドで心に響きます。
広いトルコには、その地方ごとのヴァナキュラー建築があります。
「カッパドキアに住む」という観点から、この地方のヴァナキュラー建築をみてみましょう。
個々の住居そのものは取り立てて記すような特徴はありません、が特異な自然環境と一体化した集住体としてみるならば、互いに協調しているが埋没しないで、ダイナミック・バランスを取りながら美しい景観としてスタジオヤマを魅了させてくれました。

140928-01    Goreme  Cappadocia

140928-02
Cavusin Cappadocia

140928-03 Ortahisar  Cappadocia




Tag:中央アジア/西アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR