FC2ブログ

ダッカの喧騒  Dhaka BANGLADESH

オールドダッカのブリゴンガ川に面した<ショドル・ガット/Sadar Gat>は川と運河の国バングラデシュを代表するような場所です。
そこでは、首都ダッカと地方都市を結ぶ船が接岸しその間を行きかう小舟、40万台とも言われる大量のリキシャが行き交うさま、周辺のバザールの賑わいなどなどで場の喧騒は想像を超えるものがあります、人によっては耐え難い状況なのかもしれません。
その喧騒を<混沌>と感じるか<都市の活力>と感じるかによってその都市のイメージががらりと変わります、ちなみにスタジオヤマは後者に感じました。

ダッカ詣でを誘う要因の一つとして、アメリカ建築界の巨匠ルイス・カーン/ Louis Kahn/
1901-1974年の代表作の一つ<国会議事堂/ Sher-e-Bangla Nagar> の存在があります。
コンクリート打ち放しに白大理石のボーダーを配したマッシブな外観を目の前にすると、建設資材の不足やローテクな施工技術しかない状況を克服し、建築史に残る作品を創りあげたルイス・カーンの偉大さに改めて感銘を受けました。

 140119-01 
 140119-02 140119-03     Sadar Gat  

  140119-04 140119-05
 Sher-e-Bangla Nagar

Tag:南アジア  Trackback:0 comment:0 

Comment

comment form
(編集・削除用):
管理者にだけ表示を許可
プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR