ハバナ Havana  キューバ都市彷徨

魅力あふれるキューバの都市、そのまちなかを流れ歩くのは実に楽しいものです。
都市の歴史・構造・成り立ちなどなどに、思いを巡らし観ているとその都市の全貌が迫って来ます。
まさに都市を読んでいるのです。
 
シリーズ最終回はハバナ(Havana)です。
キューバの首都ハバナは、キューバ島のフロリダ海峡に面する北西沿岸に位置し、カリブ海域諸国のなかで最大の都市です。
16世紀以降、スペインの新大陸における植民地経営の中核都市として、また貿易の主要な中継地として発展してきました。1959年のキューバ革命後も、首都としてのハバナの重要性は変わらず今日に至っています。そして1982年、旧市街は世界文化遺産に登録されました。
2015年7月、キューバとアメリカは、1961年に断交して以来じつに54年ぶりに国交を再開しました。
2016年後半からは、アメリカ各都市とハバナを中心としたキューバ各都市間の直行便が多数就航しました。これにより人と物の往来が飛躍的に増加するでしょう。
スタジオヤマは、5回連続のシリーズにおいて、あえて植民地時代の歴史的有名建築、キューバ革命に関する名所旧跡の写真ではなく、生活感あふれる街並みの写真を採用しました。その理由は、ハバナだけではなく、キューバのどの都市にもいえることですが、これからドラスティックに変貌していくでしょう都市のプロフィールを、写真として切取りたかったからにほかなりません。
171217-01 171217-02 171217-03 171217-04 171217-05 171217-06 171217-07 171217-08







Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

シエンフェゴス  Cienfuegos キューバ都市彷徨

魅力あふれるキューバの都市、そのまちなかを流れ歩くのは実に楽しいものです。
都市の歴史・構造・成り立ちなどなどに、思いを巡らし観ているとその都市の全貌が迫って来ます。
まさに都市を読んでいるのです。
 
4回目はシエンフェゴス(Cienfuegos)です。
キューバの中央部に位置し、カリブ海に面した都市です。
キューバでは珍しい、19世紀にフランスの植民都市として建設されました。当時は砂糖きび、マンゴ、タバコおよびコーヒーの生産と交易によって栄えました。
都市の街区は、規則ただしく碁盤目状に整備されており、19世紀から20世紀にかけて建設された、新古典主義の建築が数多く残されています。
旧市街は2005年に世界文化遺産に登録されました。
171203-01 171203-02 171203-03 171203-04 171203-05 171203-06






Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

トリニダー Trinidad キューバ都市彷徨

魅力あふれるキューバの都市、そのまちなかを流れ歩くのは実に楽しいものです。
都市の歴史・構造・成り立ちなどなどに、思いを巡らし観ているとその都市の全貌が迫って来ます。
まさに都市を読んでいるのです。
 
3回目はトリニダー(Trinidad)です。
キューバ南部に位置するトリニダーは、15世紀ごろからスペイン人によって開発され、奴隷と砂糖貿易の中心地として栄えました。
街の中心部オールドタウンには、丸石で舗装された街路や、パステルカラーに塗装されたコロニアル建築群が、よく保存されており街全体が博物館のようです。
キューバの都市のなかでも、最も美しい都市のひとつでしょう。
1988年、世界文化遺産に指定されました。
01-170326
02-170326
03-170326
04-170326
05-170326
06-170326






Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

カマグエイ Camagüey  キューバ都市彷徨

魅力あふれるキューバの都市、そのまちなかを流れ歩くのは実に楽しいものです。
都市の歴史・構造・成り立ちなどなどに、思いを巡らし観ているとその都市の全貌が迫って来ます。
まさに都市を読んでいるのです。
 
2回目はカマグエイ(Camagüey)です。
カマグエイは、キューバの中部に位置し、首都ハバナからは南東へ約550kmの場所にあります。
街の中心部である歴史地区は、16世紀に建設され19世紀まで、スペイン領西インド諸島の経済的な中心地でありました。
コロニアル・スタイルの建築が多く残る歴史的街並みは、2008年に世界文化遺産に登録されました。
01-170122
02-170122
03-170122
04-170122
05-170122
06-170122







Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:1 

サンチャゴ・デ・クーバ Santiago de Cuba  キューバ都市彷徨

魅力あふれるキューバの都市、そのまちなかを流れ歩くのは実に楽しいものです。
都市の歴史・構造・成り立ちなどなどに、思いを巡らし観ているとその都市の全貌が迫って来ます。
まさに都市を読んでいるのです。
 
最初に流れ歩くのは、サンチャゴ・デ・クーバ(Santiago de Cuba)です。
サンチャゴ・デ・クーバは、キューバ南東部に位置し2番目に大きい港湾都市です。
また1523年から半世紀あまり、スペイン植民地時代の首都として栄えた古都の顔を併せ持ち、キューバ革命の端緒となった、モンカダ兵営の襲撃事件が勃発した地でもあります。  01-170108
02-170108
03-170108
04-170108
05-170108
06-170108



Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

ニューヨークの超高層建築をバード・アイで観る   New York USA

ニューヨーク(New York)の超高層建築をインセクト・アイの目線から、高さを上げてバード・アイで観てみました。同じ都市の光景が様変わりする様子が興味深いです。

ロックフェラー・センターは、大富豪のジョン・D・ロックフェラーによって1930年から建設された19のビル群の総称です。その中で最も高いGEビルディングの67階と69階と屋外の70階にある展望台トップ・オブ・ザ・ロックからは、エンパイヤ・ステート・ビルディングが正面に遠くにWTCが見えます。さら展望台の反対側から見たセントラルパークへの眺望が秀逸です。
160417-01
160417-02 
エンパイヤ・ステート・ビルディング(The Empire State Building)は、1931年に完成しました。低層部およびエントランス・ホール、そして頂部には当時のモダンデザインであるアール・デコ様式で美しく飾られています。映画好きの方なら、キング・コングがよじ登っていくビルと言った方が分かりやすいかもしれません。
160417-03
160417-04 
以前からある2箇所の展望台に加えて、2015年5月にワールドトレードセンター・ワンの100階から102階のワン・ワールド・オブザーバトリーがオープンしました。
これによりニューヨークで鳥瞰(bird's eye view)を楽しめる展望台が3箇所になりました。
160417-05



Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

ニューヨークの超高層建築をインセクト・アイで観る  New York USA

ものを観る方法には、目線の高さから2つあると思います。
一つはグランド・レベルから仰瞰(ぎょうかん)でみる方法、虫の目で見ているようなので虫瞰(insect's eye view)ともいわれます。もう一つは高いところから俯瞰(ふかん)でみる方法、虫の目に対して鳥の目で見ているようなので鳥瞰(bird's eye view)ともいわれます。
ニューヨークの超高層建築をインセクト・アイで観てみました。

ニューヨークを訪れるのは2001年4月以来です。
現在この世界的な大都市で超高層建築に限っていえば、一番注目を集めているプロジェクトは、ワールドトレードセンター(WTC)の再建でしょう。
かつてスタジオヤマが観たWTCは、7棟の超高層ビルで構成されていました。その中心のツインタワーは、日系米国人のミノル・ヤマサキの設計により1973年に完成しました。当時世界一の高さを誇り、2棟の巨大な立方体が並び立つ姿はマンハッタンのシンボルでした。スタジオヤマが訪れた時、ガスっていてトップが霧の中で地上から見えませんでした。これが摩天楼かと納得したものです。
2001年9月、WTCはアルカイダによるテロ攻撃により崩壊しました。
残骸撤去と行方不明者および遺体の捜索が2011年末まで行われ、その後再建工事が始まりました。
当初再建案は、世界の建築家による競技設計(コンペ)で、ドイツ在住の建築家ダニエル・リベスキンドの「メモリー・ファウンデーション」が選ばれました。しかしこの案はモニュメント性に重きをおいたため、不動産事業としては難がありました。紆余曲折の末、最終的には、米国大手設計事務所SOM(シカゴのブログ参照)のマスタープランにより事業がすすめられました。
WTCは、WTC1からWTC7の6棟の事務所ビル、トランスポーテーション・ハブと呼ばれる交通施設がかつてのツインタワー跡地を取り囲むように配置されています。コンプレックスの中心となるWTC1は、SOMの設計により2006年に着工し、地上104階、屋上までの高さ417m、最頂部は541mの高さを誇り、2014年11月に完成しました。またWTC4は、日本人建築家槇文彦氏の設計です。
ツインタワーの跡地は、テロの犠牲となった2977人を追悼する「国立9.11記念碑・博物館」として整備されました。ツインタワーがあった場所は、深く掘り下げられカスケードが水音をたてて流れ落ちています、そのまわりを犠牲者の名前を彫り込んだ石版が取り囲んでいます。地下部分には、崩壊当時の状況を説明する展示や犠牲者の遺品が並べられた博物館となっています。
14年後再び同じ場所に建つと、当時の記憶が鮮明に思い起こされ眼の前にある現実とだぶり、建築の崩壊と再生、資本の論理、テロの非情さ、犠牲者に対する追悼の念、などなどが複雑に混ざり合いなんとも言葉に言い表せない気持ちでいっぱいでした。
160410-01
160410-02 160410-03




Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

シカゴの超高層建築をバード・アイで観る   Chicago USA

シカゴ(Chicago)の超高層建築をインセクト・アイの目線から、高さを上げてバード・アイで観てみました。
同じ都市の光景が様変わりする様子が興味深いです。

シカゴで鳥瞰(bird's eye view)を楽しめる展望台として2箇所知られています。
その一つ、ジョン・ハンコック・センター(John Hancock Center)は、外環が上階にいくほどすぼんでいく台形に、X字型フレームなどがむきだしになっている外観が特徴です。
1970年に竣工しました。建物高さが343mあります、94階の展望台からの眺望は絶景です。
160320-01 160320-02

ジョン・ハンコック・センターから北側を望むと、かなたにウィリス・タワー(Wilis Tower)(建築関係の方ならシアーズ・タワー(Sears Tower)と言ったほうが分かりやすいでしょう)がその雄姿を見せてくれます。
ウィリス・タワーは、一辺23mの正方形を縦横に9個ならべ、高さの異なる立方体を束ね合わせたバンドル・チュウブ構造を採用しています。建物高さ443mは、1974年に竣工して以来長いあいだ世界一の高さを誇る建築として君臨してきました。
2つの超高層建築はともに、USA最大級の設計事務所SOM(Skidmore, Owings & Merrill/スキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル)の作品です。SOMは世界中で活躍しています、日本では東京ミッドタウン(港区六本木)の設計に参画しています。
160320-03 160320-04



Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

シカゴの超高層建築をインセクト・アイで観る   Chicago USA

ものの見方には、目線の高さから2つあると思います。
一つはグランド・レベルから仰瞰(ぎょうかん)でみる方法、虫の目で見ているようなので虫瞰(insect's eye view)ともいわれます。もう一つは高いところから俯瞰(ふかん)でみる方法、虫の目に対して鳥の目で見ているようなので鳥瞰(bird's eye view)ともいわれます。
シカゴの超高層建築をインセクト・アイで観てみました。

シカゴを訪れるのは20年ぶりです。当時のシカゴはニューヨークと並んで超高層建築の再先端を走っていました、日本で超高層建築を設計しようとする人は、まずシカゴやニューヨークを詣でました、スタジオヤマもその一人でした、そして東京にもどこかで見たような超高層建築が続々と建てられていったのです。
改めてシカゴの超高層建築と対面すると、超高層建築の歴史を系統だって観れるのは良しとして、それが最先端かどうかは疑問です。
いまや超高層建築の最新動向を知りたいなら、ドーハや上海などに行った方が良いと思います。

160306-01
160306-02
160306-03 



Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

メキシコにマヤ文明を訪ねて チチェン・イッツァ  Chichen Itza MEXICO

マヤ語で「泉のほとりのイツァー人」という意味を持つチチェン・イツァーは、メキシコのユカタン半島北部に位置し、9世紀から13世紀にかけて繁栄した大規模な古代都市遺跡です。
同じ文明の遺跡を何箇所も見るとみな同じに観えてしまう、1箇所観ればよいという人がいます。スタジオヤマのごく身近にもいます。そういう人にとってチチェン・イツァーは、マヤ文明を特徴づける建造物が、保存状況がよい状態で一通り見られ、かつアクセスのしやすさ、遺跡に隣接するホテルの素晴らしさからお薦めです。
たくさん残されている建造物の中からスタジオヤマ推薦必見の遺跡は
カスティーヨ(El Castillo):マヤの最高神ククルカン(羽毛のあるヘビの姿の神)を祀る高さ24mのピラミッド型の神殿、それ自体がマヤ暦の1年(18ヶ月365日)を表しています。戦士の神殿(Templo de los Guerreros):生贄の心臓が置かれたチャクモール像がある神殿。 球戯場(Juego de Palota):腰でボールを打ち、球戯場の石の輪にボールを通すと得点になります。 カラコル(El Caracol):マヤ歴の基本となる太陽、金星などを観測していた天文台。 尼僧院(Casa de las Monjas)と教会(La Iglesia):プーク様式の壁面彫刻が美しい。 聖なる泉セノテ(Cenote Sagrado):都市住民4万人に必要な生活水を供給していた聖なる泉。などなどです。

01-140420
02-140420         El Castillo

03-140420
04-140420
05-140420        Templo de los Guerreros

06-140420 
   Juego de Palota

07-140420       El Caracol

08-140420
09-140420 
   Casa de las Monjas  La Iglesia

10-140420        Cenote Sagrado

Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

メキシコにマヤ文明を訪ねて ウシュマル  Uxmal MEXICO

マヤ語の「三度にわたって建てられた町」を意味するウシュマルは、メキシコのユカタン半島北部のプウク地方に位置し、7世紀から11世紀にかけて繁栄を誇った古代都市遺跡です。
ウシュマルではみごとなプーク様式の壁面装飾を観ることができます。
プーク様式とは、横長の建築の壁面を、宗教的祭祀や幾何学模様の彫刻を施した石を化粧張りし、全体として一つのストーリーを物語るような装飾を施す手法です。
数多くある建築のなかでも尼僧院(Cuaorangulo de las Monjas)のプーク様式の壁面装飾は、見応えがあります。
    尼僧院:建物にたくさんの小部屋があることからスペイン人によって名付けられましたが
 実際の用途は、宮殿であったと言われています。
尼僧院は、東西65m、南北45mある中庭を囲んで四方を建築が取り囲んでいます。
建築の壁面には、マヤの伝統的な雨神チャクと、羽毛のある蛇ククルカンをメインモチーフに、それを強調する複雑な幾何学模様とがダイナミックに展開しています。
この壁面装飾は、プーク様式関していえば、マヤ文明の遺跡なかでも最高傑作の一つでしょう。

ウシュマルは日本と関係あることをご存知でしょうか。

アメリカの偉大な建築家フランク・ロイド・ライト(Frank Lloyed Wight;1867-1959)の住宅作品のなかで、ロサンジェルスに建設されたバーンズドール邸(1918年)を初めとする一連の作品は、プーク様式のデザインモチーフを発展的に採用しています。
そのころ設計中であった日本の旧帝国ホテルのデザインにもそのモチーフが採用されました。
エントランス廻りや内部のパブリックスペースを飾る大谷石による壁面装飾は、プーク様式に源を求めることができるのです。
これでウシュマルは、フランク・ロイド・ライトを介して日本とつながりました。
旧帝国ホテルの一部は明治村に保存されていますので興味のある方はどうぞ。


140413-01
140413-02
140413-03        Cuaorangulo de las Monjas

140413-04         
Palacio del Gobernador

140413-05         El Palomar

140413-06
        Piramide del Adivino
...more

Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

メキシコにマヤ遺跡を訪ねて パレンケ  Palenque MEXICO

パレンケは、ユカタン半島の付根にあたるメキシコ南東部の密林の中に位置し、マヤ古典期を代表する都市遺跡です。7世紀に最盛期を迎え、10世紀には放棄されました。18世紀にスペイン人によって再発見されるまで長い眠りについていたのです。
マヤ文明の遺跡に必ずある神殿、その頂部の神殿を支えるピラッミド型の部分は、長いあいだ神殿の基壇だと考えられていました。
ちなみにエジプトのピラミッドは墳墓です、神殿ではありません。
ところが1950年代、メキシコの考古学者によって、パレンケの碑文の神殿(Templo de las Inscripciones)のピラミッド部分の内部に墓室が発見され、中には7世紀に在位したパカル王の翡翠の仮面をまとった遺体が安置されていました。
この結果、ピラッミド部分は神殿の基壇であるという定説が覆され、そうでない墳墓を併用しているものもある、という報告がなされました。
それは当時の考古学界にとって衝撃的なできごとだったのです。

140406-01
Templo de la Calavera

140406-02    Templo de las Inscripciones

140406-03
140406-04          
El Palacio

140406-05    Templo del Sol

140406-06 

Templo de la Cruz


...more

Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

メキシコにマヤ文明を訪ねて コバ   Coba MEXICO

スタジオヤマは、中米グァテマラである建築の設計をしたことがあります。仕事の合間にマヤ文明の遺跡を初めて訪れる機会があり、ティカル、キリグアをじっくりと観ました。
その時の印象として、絶妙な建造物の配置、建築のマッシブな形態、マヤ文字の美しさ、彫刻群、などなど高度な都市文明が織りなす成果に感銘を受けました。
いつか系統だってマヤ文明の遺跡めぐりを行い、その神髄に触れてみたいと思ったものです。

メキシコのユカタン半島は主に石灰質の土壌で成っております、したがって降った雨は地下に浸透するので大きい川や湖はほとんどありません。
コバはマヤ語で「さざなみの寄せる湖水」という意味です、名前が示すとおりマヤ文明の遺跡としては、例外的に湖水をもつ湿地帯に隣接しています。その歴史は、かなり古く4世紀頃からその存在が確認されています。
ユカタン半島では最も高い42mの高さを誇る、ノホックムル(Nohoch Mul)と呼ばれるピラミッド型の神殿からの眺望は絶景です、360°視界を遮るものはありません、どこまでも続くジャングルのはるかかなたに他の遺跡のトップ部分が少し顔を見せています。
140330-01
140330-02                   Nohoch Mul

Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

メキシコにマヤ文明を訪ねて トゥルム  Tulum MEXICO

マヤ文明は、中央アメリカのユカタン半島を中心とするメキシコ南東部、グアテマラ、ベリーズ、ホンジュラス、エルサルバドルなどいわゆるマヤ地域を中心として栄えた都市文明です。
紀元3世紀ころに興り、10世紀に最盛期を迎えました。
16世紀ごろからスペイン人が侵入し、17世紀にはマヤ地域すべてがスペインの植民地となり、都市国家としてのマヤ文明は終焉を迎えました。
マヤ文明圏では、統一国家が樹立されることなく、各地の都市国家が覇権と興亡を繰り返しました。それぞれの都市国家では、巨大なピラミッド型の神殿が築かれ、おなじ宗教観と象形文字を持ち、他に類がない天文学・暦学・数学などと、建築・都市施設などの都市文明が、高度に発達していました。

マヤ文明の遺跡は数多く残っています、今回のシリーズではメキシコ南東部にある5つの遺跡をブログしたいと思います。

トゥルムは、メキシコ、ユカタン半島の海沿いに位置し、10世紀から15世紀にかけて繁栄した都市国家です。16世紀にはスペインの進攻を受けます、スペイン人がマヤ文明圏において最初に遭遇した都市だそうです。
ロケーションが素晴らしい。
カンクンに連なるカリブ海の絶壁を背にして、断崖上に位置しています。
遺跡がエメラルドグリーンの海に映えます。

140323-01    
Templo del Dios del Viento

140323-02
    El palacio

140323-03 
El Castillo

140323-04    Casa de Las Columnas

Tag:アメリカ/大洋州  Trackback:0 comment:0 

プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR