ジョードプル・ブルー  Jodhpur INDIA

都市は色をまとっています。
色には名前があります。

ジョードプル(Jodhpur)は、西インドのラージャスターン州でジャイプルに次ぐ大都市です。
旧市街の多くの建物の外壁は、インディゴ・ブルーに塗られ、その特徴ある景観からブルーシティーと称されています。
なぜブルーなのでしょうか、いろいろ調べてみても実のところよくわかりません。
ある説によると、バラモン(カースト制度の聖職者階級)たちは、自分の住居が他の階級の人々の住居と区別するため外壁をブルーに塗った。しかし、すぐに他の階級の住民はそれに倣って自分たちの住居の外壁をブルーに塗ってしまった。そうして街全体がブルー一色となった、そうです。
街並みの外壁に塗られた涼しげなブルー
スタジオヤマは 《 ジョードプル・ブルー 》 と勝手に命名しました。
150215-01
150215-02
150215-03 Jodhpur INDIA


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

プサン・パレット  釜山 부산 Busan KOREA

都市は色をまとっています。
色には名前があります。

韓国のプサン(釜山)に、メキシコのグアナファトと同じような景観をみつけました。
早速 《 プサン・パレット 》 と命名しました。

プサンを旅したときのことです、タクシーに乗りカムチョンドン(甘川洞)に行って欲しいとお願いしました。日本語を喋れるタクシーの運転手は「なんであんな所に行くのか、プサンにはもっといい所がいっぱいあるじゃないか」と言われてしまいました。誇り高いプサン子にとってあまり見せたくない場所かもしれません。実際に足を運ぶとそうではありませんが。
カムチョンドンは、朝鮮戦争時代、北から逃れた避難民が集まって暮らしたのが街の始まりです。
海を臨む傾斜地に、色彩豊かな住宅が狭い迷路のような路地に沿って建ち並んでいます。
個々の建物の色彩は、建築のクオリティに見合ったチープな色使いです。
しかし街並みを一つのまとまった景観として観るならば、絵を描く際に使うパレットに絵具を置いた、その色彩感覚でスタジオヤマを魅了させてくれまました。
150201-01 
150201-02
150201-03 
150102-04 
プサン   Busan KOREA


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

グアナファト・パレット   Guanajuato MEXICO

都市は色をまとっています。
色には名前があります。
 
グアナファト(Guanajuato)は、メキシコ・シティの北西バスで5時間ほどのところにあります。
スペイン統治時代は、銀山で栄えた都市です。銀がもたらす膨大な富を街づくりに注ぎ込み、メキシコで最も美しいコロニアル建築が集中する都市の一つとして今日に至っています。
街並みを遠くから眺めると、絵具がいっぱい載っているパレットのようです。
スタジオヤマは、この色彩豊かな景観を 《グアナファト・パレット》 と勝手に命名しました。
150118-01 150118-02 
150118-03 

Guanajuato MEXICO


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

カワゴエ・ブラック  川越 Kawagoe SAITAMA

都市は色をまとっています。
色には名前があります。

特別に調合された色彩には名前があります。
たとえばキリンのラガービールのガラス瓶に貼られたラベルの赤色はキリン・レッドと称されます。もう製造されていませんが、コダックフィルムのバッケージ色はコダック・イエローです。

川越は蔵の街です。埼玉県の西部に位置しています。
蔵の多くは明治26年の川越大火を契機とし建てられました、街の復興に当り日本の伝統的な耐火建築である土蔵造りの店蔵を競って建築したのです。
戦災や震災を免れた歴史的な街並は一部にせよ見応えがあります。

店蔵の外壁に塗り込められた黒漆喰の色彩

スタジオヤマは 《カワゴエ・ブラック》 と勝手に命名しました。

150104-01 
150104-02 150104-03 

川越  Kawagoe SAITAMA

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性をネパールにみる  NEPAL

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。
その多様性をネパールにみましょう

 
 代 参


 だいさん  化身が永劫に祈り続ける
140622-01     Durbar Square  Patan NEPAL
         

...more

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性を韓国にみる  KOREA

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。

その多様性を韓国にみましょう。
 

   坐 禅

ざぜん  おのれと向かい合う

130608-01
法住寺 법주사  俗離山 속리산 KOREA

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性をタイにみる  THAILAND

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。
その多様性をタイにみましょう。

   結 縁


けちえん  仏陀と善の綱で結ばれる

140601-01

     Wat Phanan Choeng  Ayutthaya THAILAND

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性を日本にみる  JAPAN

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。
その多様性を日本にみましょう。

    護 摩

ごま   天の恩寵にあずかる


01-140525 

    総持寺 足立区  Adati-ku TOKYO

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性をベトナムにみる  VIET NAM

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。
その多様性をベトナムにみましょう。

    願 掛

がんかけ     現世のご利益を求めて


01-140518 
      Chua Ba Thien Hau   Ho Chi Minh City  VIET NAM


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

いのり その多様性をミャンマーにみる  MYANMAR

宗教的儀式の中で最も普遍的な行為は、帰依するものに対する祈りです。
祈りを仏や神とのコミュニケーションを交わすことだとすれば、仏教、キリスト教、イスラム教など、それぞれ作法の違いはあっても、本質はみな同じなのでしょう。 
祈りの場に居合わせたスタジオヤマの実感です。
その多様性をアジアにみましょう。
まずはミャンマーからです。

    声 明
  
しょうみょう      声をそろえて高らかに

01-140511

    Shwedagon Paya  Yangon MYANMAR


Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

超高層建築のある風景 ドバイ Dubai UAE

現在世界で一番高い建築<ブルジュハリーファ/Burj Khalifa>160階建て高さ828メートルは、ドバイの進んできた道、進む方向を指し示すメルクマールです。
ブルジュハリーファの124階にある予約制の展望台から見える風景は、緑と水が多く超高層建築が林立した地区とそれを取り囲む沙漠地帯とが対比しています。
スタジオヤマはその風景から奇異な感じを受けるのです。
沙漠に芝生が自生するわけがなく、流れ行く水があるわけがありません、
全てがマン・メイド、マン・コントロールの景観、ようするにリアリティがないのです。
131229-1 
Burj Khalifa

131229-2     Dubai Fountain

131229-3 131229-4
131229-5
131229-6 131229-7
       Dubai UAE

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

超高層建築のある風景 厦門  Xiamen CHINA

厦門(シャーメン)は中国福建省南部にあり台湾海峡に面した港湾都市です、華僑の出身地として名を馳せています、日本では<アモイ>と言った方がとおりがよいかもしれません。
厦門にその源があるといわれている騎楼(チーロウ)を観に行きました。
騎楼では建物の2階以上を歩道からのびた柱が支え、その下のアーケード状の空間を人々が自由に行きかうことができます。騎楼の1階部分には店舗が入り、2階以上は住宅や倉庫として使われています、沿道に連続する様はまさにショッピング・モールです。
騎楼の写真を撮っているとどうしても超高層建築が写り込んでしまう
それならば、騎楼の町並みと超高層建築がかっこよく同居している写真を撮ろうと思いました。
この風景こそ騎楼に係わる人たちが日常的に接する姿・原風景なのでしょうから。

131222-01 
131222-02 
131222-03   
   厦門  Xiamen CHINA

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

超高層建築のある風景 水原  Suwon KOREA

ソウルから釜山(プサン)まで各地の都市を訪れながらバスで移動したことがあります。
バスが郊外の田園地帯から都市の中心部に向うとき必ずと言ってよいほど高層アパート(日本の分譲マンション)が林立する風景に遭遇します。
韓国特にソウルや釜山は超高層住宅の建設ラッシュです、2012年1月の新聞では「韓国の超高層アパート5棟が世界超高層建築ランキング10位以内に入る」と伝えています。
大都市の傾向が地方都市にも波及しています、水原(スウォン)も同様です。
住宅は平屋建てがベスト、そんな高いところで暮らしたいのか、と常々思っているスタジオヤマにとって理解の範疇を超えますがこれが韓国の現状です。
写真の中に観られる城壁、城門は水原華城(スウォンファソン)のものです。

131215-01
131215-02
131215-03 

        水原 Suwon KOREA

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

超高層建築のある風景 東京・その1  TOKYO

プロローグ
このシリーズは単なる<超高層建築について>を追い求めるつもりはありません。
原風景としての<超高層建築のある風景>をテーマに時空を切りとっていきたいと思います。
日本を例に<超高層建築のある風景>のフレームワークを考えてみました。

《超高層建築とは》
日本における超高層建築の始まりを1965年、高さ156mの霞が関ビルディング(千代田区霞が関)の竣工をもってすれば50年近く過ぎました。
超高層建築の確かな定義はありません、高さ100m以上を指すのが一般的でしょう、東京スカイツリーは<自立式構築物>であり超高層建築ではありません。
ただしこのシリーズでは<超高層建築>を扱っているわけではなく<超高層建築のある風景>をテーマに据えています、したがって定義だとか高さなどは単なる目安として用い、人間が創った高いものがある風景すべてを対象にブログを展開していきたいと思います。

《原風景とは》
原風景とは、各人が持つ郷愁を伴う原初の風景であるといえましょう。
それは実在する風景であるよりは、経験や人生訓を織り交ぜた心象風景を原風景として持ち続ける人の方が多いようです。
多くの人にとって幼少期の生活環境が原風景の形成に係わり、その後のものの考え方や感じ方の基準となります。
例えば、雪国で生を受けた人は、すべてのものを包み込む銀世界、ツララの冷たさとキラキラした透明感であるかもしれません、また海辺で生を受けたものにとっては、白波青松の砂浜が続く風景かもしれません。

《超高層建築と原風景》
1965年以降に生まれた方とは言いません。
大半の子供たちにとって<超高層建築のある風景>はごく見慣れた日常茶飯の風景でしょう。
それどころか超高層マンションで生を受け現に暮らしている人が着実に増えています。
ようするに相当数の人にとって<超高層建築のある風景>は日本の原風景となったのです。

このような<超高層建築のある風景>は日本ばかりではなく世界共通の事象といっても過言ではありません。

131208-01    千代田区  Tiyoda-ku TOKYO

131208-02    練馬区  Nerima-ku TOKYO

131208-03 
足立区  Adati-ku TOKYO

Tag:ワン・ワールド  Trackback:0 comment:0 

プロローグ

スタジオヤマ

Author:スタジオヤマ
---------------------------------
[時間][空間][写真]
[時間]とは歴史的な流れを
[空間]とは地球規模での拡がりを表しています。
スタジオヤマは時空を自在に
切り取る[写真]を通じ
自らの思慮を表現していきたいと思っています。
応援をよろしくお願いします。
スタジオヤマ
studioyama
一級建築士

ワークス
トラックバック
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR